PADRE
Paul Dreinerによって、1950年に創設されたPADREは、ドイツのヴェルメルキルヒェンに本社をおき、スクリュードライバーの製作からスタート。その後はスパナもプロダクトラインに加わり、現在はドイツ工業規格DIN、国際規格ISO9002に基づいたハイクオリティなハンドツール全般を生産。また優れた安全性を誇り、ヨーロッパの安全規格であるEN60900の基準をクリア。1000vまでの電圧に対応した絶縁ツールとなっている。