QUANTEX
スチールをエナメル加工したユーティリティシンクの開発で知られるクアンテックスは、2001年にオランダを拠点に、設立。ドイツ、オランダで琺瑯のユーティリティシンクは、ポピュラーなアイテム。デッサウのバウハウス校の元寄宿舎で現在、ホテルとして開放されているスペースにも設置されている。2018年より、従来のモデルを継続し、多色展開をスタートさせる。