MENKE
Carl-Heinz Menkeは、北ドイツのBernhard Beckmann社にて1948年よりブリキ製品の製造にかかわる。その後プラスチック出現の初期である1962年、プラスチック製品の可能性と将来性からMarwin Plastic社を設立。1997年、Georgia Menkeにより経営は引き継がれMENKE Industrieverpackungenと会社名を変更。現在はブリキ、ガラスからプラスチックまで幅広い素材を元に、あらゆるサイズと用途に対応する“容器”に特化したマニファクチャーに成長。2009年社内にHACCPを導入し、ISO 9001:2008の認定を受け製品の安全にも注力する。